乾さんの散策写真館 その3


【大阪市:堺筋本町〜長堀〜東心斎橋〜宗右衛門町〜なんば〜空港 2005年12月21日(水)撮影】

  今回は、堺筋本町からスタート。
  まずは大きな通りから。
都会ではよく見かけるカフェテラス


  楽天の三木谷社長も、よく通ったという「なか卯」
  この店ではないですけどね。
なんだかシックな建物を発見。


お腹空いてないけど入ってみたくなる食堂。 米国産牛肉使用に慎重な「すき屋」。


建物の一番テッペンにパグ犬のオブジェが。   横断歩道を渡りきれず、中央分離帯でストップ。
   通りを撮影してみました。東長堀とあります。


渡りきって見てみると、先程の建物は動物病院でした。 長堀橋駅入り口。


  大きな通りに飽きたので、細い通りに入ってみました。
  早速、面白いお店が登場。
      「ばかや」という焼き鳥屋さん。
      中では、仕込み中のようで
      ご主人と奥さんが一生懸命串に鶏肉を刺していました。


  「ビフテキ」という言い方に味がある。
   結構、歴史がありそうな末福さんでした。
    韓国家庭料理かぁ。
    ちょっと食べてみたいな。


シンプルな入り口の和料理屋さん。 レトロな雰囲気の床屋さん。


      床屋さんのお隣のお店。
      なんの店だろ。
  たばこ屋さんの2階は「喫茶 古今亭」。
  しかもPart2。


みにしゃぶって、何がミニなんだろ。 メイウシヤマっていましたね。


いきなり教会登場。     信号待ちしてたら、印鑑屋さんが。
    「乾」ありました。1個売れてますね。


  寿司屋さんです。
  「波平」か。
  お店に入れば、サザエもイクラもカツオもあるよってか。
いかにもというネーミングだね。


      今、どこにいるのかなって思ってたら
      看板に「東心斎橋」の文字が。
    味のある建物登場。
     入り口には「民族屋」とありました。


   高級そうな料亭の入り口。
    「竹酔庵」の名の通り、竹がありますね。
カフェの入り口に、何故か「小便小僧」が。


飲み屋さんが多くなってきたと思ったら「宗右衛門町」でした。 前回もアップした「ドンキホーテの観覧車」を逆方向から。


只今、道頓堀の川沿いは工事中です。 初めて通る筋です。


筋に入って、最初の店が「吉野家」。 そして、間違いなく虎キチ主人の店。


やってるのか、閉まってるのか、不明なアダルトショップ。
しかも、何故かギフトもしてる。
  よく見ると、この飲み屋さん、24時間営業で年中無休だって。
  ここで、相合橋筋は終わりました。



あやしげなオブジェに出合った。 昔ながらのお豆腐屋さんです。


そして、吉本興業直営の「NGK」。 隣接する「吉本笑店街」。


   中には、「花月食堂」が。
    オリジナルメニュー豊富で、しかも安い。
これは、誰をモデルにしたんだろ。


外国人にも人気の「道具屋筋」。 ここは、色んな業務用の店舗用品が揃う筋。


業務用のテーブル。 各種看板。


提灯やネオン。 業務用たこ焼き器。


暖簾などなど。 道具屋筋を抜けると、「フォー!!」


   すると、「キャベツ焼グループ」の「キャベツ焼」。
    なんと、1枚110円也。安い!!
    はじめて聞いたぞ。
   買ってみた。
   これが「キャベツ焼」。
   110円なら満足。


   広い通りに出てきた。
   「阪奈霊園」の看板。
   文字通り、大阪と奈良の間ぐらいにあるのかな。
   その向いに、12分100円の駐車場が。
   1時間だと500円。安い!!
   この都会のど真ん中で、この駐車料は安すぎ。


見ると、巨大な立体駐車場だった。 しかも、結構老舗だ。


     天下の「代々木ゼミナール」。
     只今、最終追い込み中かな。
ゼミナール前には、チャペルが。


  前回食べた「ワルン」のたこ焼きがおいしかったので
  今回も楽しみにしてたら、支度中でした。残念。
さぁ、バス乗り場へ。


いつもの、空港行きバスが出る「OCAT」です。   さあ、空港に着きましたよ。
  ちょっと時間もあるので、早めの夕ご飯をいただきました。
  この店で一番高い「宝そば」を注文しました。
  味は、まぁまぁでした。


  そして、お土産に「赤福」と「京都ラーメン」を買いました。
  天天有のオーナーが蓮池薫さんに見えるのは私だけ?
     なんとなく撮ってみた「帰りの航空券」。


  そして、宮崎空港から我が家へ車を走らせるのですが、どんどん吹雪いてきて、家に着く頃は周りは真っ白。
  翌朝は、5cm以上の積雪となりました。記念にアップしておきますね。



トップページに戻る